ひと雨ごとに

秋が深まるようですね。

雨が降っていたせいか

今朝は肌寒くて目が覚めました。


昨日は久しぶりに

阿賀野市にいってきました。

白鳥の飛来で有名な瓢湖があります。


来月になると

たくさんの白鳥たちが

美しい姿を見せてくれるようになります。


湖だけでなく

近隣の稲刈りの終わった田んぼに

エサになる落穂や虫を求めて

家族そろっているところを見ることができます。

これも新潟の晩秋の風物詩です。


昨日は稲刈りがこれからの田んぼが多かったですね。


さて、昨夜は大根がたくさんあったので

「大根もち」を作ってみました。


材料/大根おろし 1本分 ※フードロセッサーやミキサー使用

  小麦粉、片栗粉各大さじ4杯強、マヨネーズ大さじ2杯

  サラダ油適宜

  ジマンめんつゆ大さじ3杯、大根おろしから出た水1/2カップ

  

作り方

1.大根おろしをざるに上げて水切りをしておく。

2.1と粉類、マヨネーズをこね混ぜ、柔らかいようなら適宜小麦粉を追加してこねる。

3.2を食べやすい大きさの小判型にして油をひいたフライパンかホットプレートで両面焦げ目がつくまで焼いて取り出しておく。

※油は多めの方が焼きやすいようです。

4.空いたフライパンにジマンめんつゆ、大根おろしから出た水を入れて煮立たせる。

5.4に取り出しておいたもちを入れてからめて出来上がり!


昨日は上記に

ツナ缶・コーン缶・人参のみじん切りを加えました。


夏の名残の大根だったので辛みが強かったのですが

加熱すると辛みは飛ぶようですね。

冬の甘い大根だともっと美味しくなりそうです。


おいしいジマンめんつゆの甘辛味で

冷えても固くならず

沢山できたので

お弁当のおかずにしたりして

今日のお昼にも食べました。


おもちと言ってもほとんど大根!

食物繊維たっぷりで不思議な食感です。

大根の大量消費にもってこいの一品でした。